JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/04/25

【モータースポーツジャパン2017】
GTマシンにラリーカー!
動画だらけのマニアックレポはここ!!

np170424-01-01.jpg

ピットストップコンテストに向けてコースサイドで待つGTマシンたち。先頭が17年式ホンダ「NSX GT」のARTA8号車。左は13年式日産GT500仕様R35型「GT-R」23号車。NSX GTの後ろにいるのが、17年式レクサスGT500仕様「LC 500」のテスト車両093号車。

 4月15・16日の2日間にわたって、お台場の青海地区で開催された「モータースポーツジャパン2017」。

 モータースポーツに参戦している国内外の自動車メーカーやタイヤメーカーなどが一堂に会し、レーシングカーやラリーカーなどの展示やデモランなどを実施。なかなかサーキットまでは足を運べないというモータースポーツファンたちの目や耳を楽しませた。

 ラリーカーとGTマシンのデモランの様子を動画でお届けする。コースは普段は駐車場なので路面コンディションも決してよいわけではなく、スペースがあまりないが、それでもプロのドライバーたちはその持てる力を発揮し、迫力のある走行を披露した。

この日、最も速く駆け抜けたラリーマシンたち!

 まずはラリーカーのデモランから。デモランを行ったのは、新井敏弘、奴田原(ぬたはら)文雄、勝田範彦の3選手。ドライブしたラリーカーは、もちろん実際にラリーに参加する際の車両(現在は、3人とも全日本ラリー選手権が主戦場)。

 新井選手と勝田選手が登場したのはスバル「WRX STI」、奴田原選手は三菱「ランサーエボリューションX」だ。

新井選手のWRX STIのデモランの様子。舗装路(ターマック)用セッティングをきちんと出してあったそうで、3台の中でも最もアグレッシブな走りを見せていた。コースと撮影エリアを仕切るガードレールをギリギリで通過していったので、今回最も迫力ある走りを撮影できた。

奴田原選手のランエボXによるデモランの様子。セッティングが決まっていなかったのか、それほど攻めた走りは披露しなかった。

勝田選手は新井選手と同じWRX STIだが、セッティングが大きく異なった模様。サスが柔らかめにしてあったため、コーナーで新井選手ほど攻められなかったようだ。

→ 次ページ:
続いてはダカールラリーに参戦したあのトラック!