JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/04/20

EV版のフェラーリを目指す!
GLM、国産初のEVスーパーカー
「GLM G4」を日本初公開!

np170913-04.jpg

EVスーパーカーのコンセプトモデル「GLM G4」。設計・開発は、同社による国産初のEVスポーツカー「トミーカイラZZ」の100倍は難しいという。今回展示された車両は、ドアは自動開閉するが、走行はできない。

 EVの開発・販売を手がける、京都大学発のベンチャー・GLM。同社は、EVスポーツカー「トミーカイラZZ」(関連記事はこちら)を一から設計して開発し、そして99台とはいえ量産化に成功したことで、国内外から大いに注目された。

 そんなGLMが2016年9月29日に、パリモーターショーでワールドプレミアとしたのが"次世代EVスーパーカー"と銘打った「GLM G4」のコードネームを持つコンセプトカーだ。GT(グランド・ツーリング)カーの1種だが、従来にない新セグメント、としている。

 最高時速は250kmと、300km超えをつい期待してしまう人には少し物足りないかも知れないが、加速力は抜群。時速0→100kmまでが3.7秒と、500台限定・3750万円で販売されたスーパーカー・レクサス「LFA」と同タイムである(トミーカイラZZが3.9秒)。

 そしてこの4月18日にジャパンプレミアを開催。日本の報道陣の前にその姿が披露された。

 ワールドプレミア時に発表された情報については『今度は時速0→100kmを3.7秒! 京都発のEVスーパーカー「GLM G4」が2019年から量産予定』をお読みいただくとして、ここでは今回新たに発表された情報を中心に掲載する。

np170418-01-02.jpg

トミーカイラZZ。同車は、90年代から21世紀初頭にかけて、京都で開発されて206台が販売された同名の伝説とされるガソリン車のコンセプトを引き継いだEVスポーツカー。GLMが一から設計・開発した。

np170418-01-03.jpg

GLM G4はあくまでもコンセプトカーであり、まだ正式な寸法や車重などは発表されていない。これからの開発の中で、決定していくとしている。

→ 次ページ:
価格は果たしておいくら!?

メルマガ登録はこちら