JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/04/11

ドイツのタクシーはベンツ!?
ヨーロッパ自動車大国のタクシー事情

np170410-01-01.jpg

BクラスからVクラスまで揃った現行のメルセデス・ベンツ社のタクシー仕様車。© Daimler AG

 新年度がスタートして4月はなにかと慌しい季節です。タクシーを使う機会も多くなると思いますが、普段なにげなく接しているタクシー専用車の発祥地、ドイツのタクシーについてお届けします。


 日本では高級車のメルセデス・ベンツ。しかしドイツでは、タクシーといえばベンツが当たり前となっている。実際2000年ごろまでドイツのタクシー車の製造市場は、ほぼメルセデス・ベンツ社の独占状態だった。

 メルセデス・ベンツがドイツのタクシー車の伝統を作り上げてきたのは、1897年に世界初のエンジンを搭載したタクシー専用車「ダイムラー・ヴィクトリア」を製造したことに由来する。

np170410-01-02.jpg

シュトゥットガルトのタクシー会社フリードリッヒ・グライナーの依頼によって製造された、「ダイムラー・ヴィクトリア」。© Daimler AG

 ダイムラー・ヴィクトリアの値段は5530ドイツマルク。これは教員の年収が2000ドイツマルク相当だった当時にしては破格の高値だった。しかし、ダイムラー・ヴィクトリアの1日あたりの走行距離は70Kmという、その時代の主流移動手段だった馬車が走れる範囲をはるかに超える、画期的な技術革新だった。

→ 次ページ:
ベンツ・タクシーの今にいたる道

メルマガ登録はこちら