ニュース・プラス ハーレーにBMWに陸王!?
警視庁の白バイ
その70年を超える歴史に迫る!

70年を超える歴史を有する警視庁の白バイ。 最新の21代目と22代目を実車で紹介すると共に、最初期の1940年代から2000年代初頭までの車種を写真で紹介。 かつてはハーレーや和製ハーレーの陸王、BMWなどの白バイがあったこっとをご存じだろうか?

2017年04月10日 掲載

 第44回 東京モーターサイクルショー(2017年3月24日~26日、東京ビッグサイト)では、普段じっくりと見ることのできない特殊なバイクも展示された。白バイもそのひとつで、記念撮影を希望する人が列をなして待つなど、人気が高い。ここでは、歴代の白バイについて紹介しよう。

現行車種はホンダ「CB1300P」とヤマハ「FJR1300AR」

 現在、警視庁の白バイとして活躍しているのは、2009年から導入されている歴代21代目のホンダ「CB1300P」と、2014年から導入されている最新22代目のヤマハ「FJR1300AR」だ。

 CB1300Pは「CB1300 SUPER BOL D'OR」を、FJR1300ARは「FJR1300AS/A」をベースに、パトライト(赤色灯)、サイレン、サイドボックス、無線機などの装備品を追加。車重はベース車両から30kgほど増え、310kg前後になるという。

ホンダ「CB1300P」

np170407-01-01.jpg

np170407-01-02.jpg

ベース車両CB1300 SUPER BOL D'ORのスペック。全長2200mm×全幅825mm×全高1205mm、ホイールベース1520mm、車重273kg。274kg(CB1300 SUPER BOL D'OR Eパッケージ)。排気量1284cc、最高出力74kW/7000rpm、最大トルク115N・m/5500rpm。

ヤマハ「FJR1300AR」

np170407-01-03.jpg

np170407-01-04.jpg

ベース車両FJR1300AS/Aのスペック。全長2230mm×全幅750mm×全高1325mm、ホイールベース1545mm、車重296kg(AS)、289kg(A)。排気量1297cc、最高出力108kW/8000rpm、最大トルク138N・m/7000rpm。

→ 次ページ:
続いては警視庁白バイ歴代車両を画像で紹介!