JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/03/14

これなら乗りたい!
トヨタのNew超小型モビリティ
「i-TRIL」欧州主導で発表

速度調整も操縦桿で行う?

 そのほか運転システムなどに関しては、まだコンセプトモデルであるため、詳細は決定していないということだが、ドライブ・バイ・ワイヤによる操縦の仕組みを採用するという。

 なおドライブ・バイ・ワイヤとは、ケーブルを物理的に引っ張っるといった仕組みではなく、ゲームのコントローラーのように電子(電気)的に操縦系とモーターやエンジン、ブレーキなどがつながっている仕組みの操縦システムの方式をいう。

 ステアリングは通常のホイール型ではなく、ジェット旅客機などに見られる両手で把持するツインスティックの操縦桿タイプ。また足元にペダル類がないことから、この操縦桿のみで速度コントロールも行うものと予想される。

np170314-01-09.jpg

ツインスティック系操縦桿による操縦で、ペダル類がないことから、速度コントロールも操縦桿で行うことを想定しているものと思われる。

フェンダー部分には後方視界用カメラを装備

 そのほか、左右の前輪フェンダー部分に小型カメラが後方向きに備えられているが、これはステアリング中央のモニターに左右の側方・後方視界を提供し、運転時に死角になりやすい角度を映したり、車庫入れなどで後退する際に後方視界を提供したりするものと思われる。

np170314-01-10.jpg

左右のフェンダー部分に装備されたカメラ。

→ 次ページ:
i-TRILのスペックについて