JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/03/07

もはや走る高級ホテル!?
JRバス関東と西日本JRバス、
3月末からドリーム号の最上級車導入

np170307-01-01.jpg

ジェイアールバス関東と西日本ジェイアールバスが運行を開始する「DREAM Relier」のイメージ。「ドリーム号」シリーズの最上級となる。画像は公式動画より抜粋。

 ジェイアールバス関東と西日本ジェイアールバスは3月2日、東京~大阪間の夜行高速バス「ドリーム号」シリーズの最新車両として、3月31日(金)から「DREAM Relier(ドリーム・ルリエ)」の運行を開始することを発表した。

 ドリーム号は1969年に日本初の夜行高速バスとして登場し、現在はより高級な「グランドリーム号」、「プレミアムドリーム号」も運行している。

 そうした中、2019年には運行開始50周年を迎えることから、より質の高いサービスを提供することを目的として、その最上位に位置するDREAM Relierを導入することにしたという。

名称選定にはAKB48の横山由依さんも参加

np170307-01-02.jpg

2016年12月2日に、ドリーム号アンバサダーに就任した、AKB48の横山由依さん。DREAM Relier特設サイトから抜粋。

 今回の運行開始を前に名称の募集が行われ、2375件の応募があったという。「ドリーム号アンバサダー」であるAKB48のメンバーで総監督である横山由依さんも加わって選定が行われ、DREAM Relierに決定した。ちなみに、横山さんはAKBの候補生だった高校生時代、毎週末、地元の京都から東京までドリーム号でレッスンに通っていたそうである。

 Relierとはフランス語で「結ぶ、縁をつなぐ」という意味で、DREAM Relierが都市と都市、人と人の縁を結び、そして快適な空間で利用者に夢を結んでもらうという想いが込められているという。

→ 次ページ:
DREAM Relierのその外見や内装に迫る!