ニュース・プラス 【ジャパン キャンピングカーショー2017】
キャンピングカー
種類別徹底解説-前編-

2017年02月22日 掲載

 2月2日より5日まで幕張メッセで開催された「ジャパン キャンピングカーショー2017」。300台以上のさまざまなキャンピングカーが展示されたが、その種類の多さに驚いた人も多いはずだ。

 実は一口にキャンピングカーといっても、軽自動車からバスベースのものまで、また架装(改造)の仕方で、その特徴はまったく異なっている。そこで日本RV協会が1999年に作った8種類の分類に沿って、キャンピングカーを種類別に解説してみた。

【前編】
(1)軽キャンパー(軽キャン)
 軽自動車ベースの、日本で現在、最も人気のあるカテゴリー。
(2)バンコンバージョン(バンコン)
 こちらも日本で人気の、ミニバン、ワンボックス、ワゴンベース。
(3)フルコンバージョン(フルコン)
 キャンピングカーの最上級カテゴリー。
(4)セミフルコンバージョン(セミフルコン)
 日本独自のカテゴリーで、フルコンに次ぐ。バスベース。

【後編】
(5)キャブコンバージョン(キャブコン)
 トラックベースで、国内外で車種が豊富。
(6)バスコンバージョン(バスコン)
 日本では、マイクロバスをベースにした形態。
(7)キャンピングトレーラー(トレーラー)
 被牽引車型のカテゴリー。いわゆるトレーラーハウス型。
(8)トラックキャンパー(トラキャン)
 ピックアップトラックの荷台にキャンピングシェルを載せた形態。

 今回の前編では、最初の4種類を解説したい。

np170222-01-00.jpg

出典:(4)フィールドライフ「シリウス 6.7」。公式サイトより引用。(8)MYSミスティック「ゼニス SP」。公式サイトより引用。

→ 次ページ:
まずは軽キャンパーについて!