JAF Mate Neo ニュース・プラス

2017/02/13

【ジャパン キャンピングカーショー2017】
バスサイズが素敵!
魅力のビッグボディたち!!

np170210-01-01.jpg

ジャパンキャンピングカーショー2017は幕張メッセで開催された。300台以上のさまざまなキャンピングカーが集結。

 2月2日より5日まで幕張メッセで開催された「ジャパンキャンピングカーショー2017」。300台以上のさまざまなサイズと形態のキャンピングカーが展示された。

 昨年に引き続き軽自動車ベースの「軽キャンパー」の展示も多かったが、大型キャンピングカーの展示も目立った。

 大型キャンピングカーは1000万円以上のものも多く、そもそも日本ではその大柄なボディのために取り扱いにかなり気を遣うわけだが、それでも憧れる人も多いことだろう。

フィアット「デュカト」がベース車として人気

np170210-01-03.jpg

欧州でキャンピングカーのベース車といったらこの1台、というほど市場を席巻しているフィアット「デュカト」。画像はバンタイプの最新モデル。

 今回、自走可能な大型キャンピングカーの内、会場の複数ブースで見かけた人気のベース車が、フィアット「デュカト」だ。

 同車は81年の販売開始より世界80か国以上のキャンパーに利用されており、累計販売台数500万台を超す。フィアット・クライスラー・オートモビルズ自身の調査では、2015年時点の欧州キャンピングカー市場において70%以上と、圧倒的なシェアを占めるという。

 同車の特徴はそのサイズ。M・L・XLの3種類があるが、XLは室内長3700×室内幅1870×室内高2170mmという、大柄な欧米人ですら楽に立って歩ける空間を有するのだ。外寸は、XLの場合、全長5998×全幅2050×全高2764mm。車両総重量は4250kg。

 しかし、このような大型のデュカトをさらに全長を長くするなど、キャンピングカーはかくも巨大だというところを紹介する。

→ 次ページ:
もはや別物! バス並みの全長を持つ1台