ニュース・プラス 【ジャパン キャンピングカーショー2017】
日産は電池、ホンダはペット……!

2017年02月07日 掲載

アウトドアで頼もしい発電機たち!

np170206-01-07.jpg

右端(手前)がカセットガスで発電できるエネポ。アウトドアだけでなく、震災時にもこれがあると心強い。

 また、アウトドアや農業用製品などをいくつも販売しているのがホンダ。今回はカセットガスで発電できる「エネポ」こと「EU9iGB」など、すでに販売中のハンディ発電機を3種類展示したほか、今夏発売予定の超小型バッテリー「LiB-AID(リベイド) E500」のプロトタイプモデルも参考出展した。

 LiB-AID E500は全長266mm×全幅182mm×全高203mm、重量5.6kgと、男性なら片手で普通に持ち運べる大きさと重さだ。出力は交流100V-300VA(ボルトアンペア)、最大出力500VAとなっている。価格は未定。

np170206-01-08.jpg

LiB-AID E500。本体カラーはこの赤のほか、白や黒なども展示されていた。災害時のために一家に1台あってもいいかもしれない。

2017年2月7日(JAFメディアワークス IT Media部 日高 保)

ジャパンキャンピングカー2017関連記事はこちらから!