JAF Mate Neo ニュース・プラス

2016/10/10

【CEATEC2016特集】
ホンダ、マイクロEV「MC-β」ベースの
オープンイノベーションモデルを提案

np161010-01-01.jpg

ホンダの「MC-β」をベースにした、マイクロコミューター「豊島屋モデル」。

 10月4日から7日まで、幕張メッセで開催された日本最大級の総合家電展示会「CEATEC2016」。

 ホンダはそこで、超小型モビリティ(マイクロEV)「MC-β」を用いたオープンイノベーションモデルと、業務用テレマティックサービス「Honda Biz LINC」の展示を行った。

 中でも、目を引いたのが、MC-βを活用したオープンイノベーションモデルとして、多様なユーザーニーズに対応すべく、他社が3Dプリンターを活用して作成した外装を架装した超小型モビリティ(マイクロEV)の「MC-β」の実機を展示したことだろう。

np161010-01-02.jpg

バイクを製造しているホンダならではの技術も活かされているマイクロEV「MC-β」。

外装をカスタマイズしやすいマイクロEV

 MC-βには、「バリアブル デザイン プラットフォーム」という発想が採り入れられている。スペースの限られた超小型モビリティだからこそ、パワートレインやバッテリー、シャシー、コックピット周りなどの共通のプラットフォームの上に、オリジナルの外装パーツなど組み合わせることで、ユーザーニーズに合わせた使い方を提供できるという考え方だ。

 この考え方を実現できるのも、EVが従来のクルマなどと比べてレイアウトの自由度が高いからこそである。

 また、搭乗者を守るキャビンが、ホンダらしい構造となっているのも特徴。従来のクルマに採用されているモノコック構造ではなく、同社がバイク部門で培ってきたノウハウが活かされており、パイプフレームを採用しているのだ。それにより、小さなボディでも安全性能が確保されているという。

→ 次ページ:
3Dプリンターでの製造が採用された理由とは!?