JAF Mate Neo ニュース・プラス

2016/08/15

大津波の仕組みが見えてきた!
JAMSTECと香川大学が、
琉球海溝の調査結果を発表

NP160812-02-01.jpg

画像1。JAMSTEC「東海・東南海・南海地震の連動性評価研究」のサイトより抜粋。日本は4つのプレートが交錯しており、構造的に地震が多発する宿命を持つ。今回の探査は、南海トラフから西へ延びる琉球海溝が調査された。

 日本はいうまでもなく地震大国だ。2011年の東日本大震災はまだ被害から復旧していない地域も多いし、2016年4月の熊本地震も記憶に新しい。

 国としてもさまざまな地震を警戒しており、首都直下型地震などと共に、発生間隔が100年から150年ほどとされる西日本の「南海トラフ巨大地震(東海地震、東南海地震、南海地震)」が警戒されている。

南海トラフとは?

 日本は4つのプレート(地殻とマントル上部のことを指し、長時間かけてゆっくりと移動する)がぶつかり合うため、構造的に地震が多いという宿命を持つ。

 南海トラフとは、画像1にある通り、日本の東海地区の沖から紀伊半島沖や四国沖を通り、九州南方の日向灘まで至る、総延長約700km、深さは4000m級の海溝のことだ。

 西日本が乗っている大陸型の「ユーラシアプレート」と、海洋型の「フィリピン海プレート」がぶつかって沈み込んでいく「沈み込み帯」で、そのため地震の多発地帯となっている。

  2013年時点での政府地震調査研究本部の予測によれば、30年以内に南海トラフ全域で発生する確率は、マグニチュード8~9クラスが60~70%だという。また、2012年に文部科学省地震調査研究推進本部が発表した資料では、東海地震が88%、東南海地震が70%、南海地震が60%となっている。

 決して低くないパーセンテージになってきており、被害を極力減らすために南海トラフ地震に関する研究にも予算がかけられている。例えば、文部科学省では「南海トラフ広域地震防災研究プロジェクト」として、JAMSTEC(海洋研究開発機構)などに業務委託を行って調査を進めているという具合だ。

→ 次ページ:
今回は南海トラフから西へ延びる「琉球海溝」が調査された

メルマガ登録はこちら