JAF Mate Neo ニュース・プラス

2016/08/09

【動画あり】
グリップしながらドリフト感覚。
不思議な「i-ROAD」が街を走る!

np170608-02.png

i-ROADの前2輪は、コーナリングで独立して上下動して車体を制御するので、まるで動物の足のように見える。

 トヨタがお台場で運営する無料のクルマ・テーマパーク「MEGA WEB」での同乗試乗レポート・シリーズ第3弾は、実際に公道での試験も始まっている同社の最新パーソナルモビリティ「i-ROAD」だ。

 MEGA WEBでは、7月に期間限定でi-ROADの同乗試乗会を実施。その参加体験と、今回、自分で運転しての試乗もできたので、その感想も踏まえながらドライブフィールをお伝えする。

 また、今回の記事で使用した画像や、未掲載の画像を含めたフォトアルバムも用意。サイズは一回り大きい900×600で、全16点。こちらからご覧いただきたい。

 さて、これまで2つのMEGA WEB同乗試乗レポートシリーズをお伝えしてきたが(「なめていてごめんなさい! フォーミュラ・トヨタのあり得なく凄い、同乗試乗レポ その1」、「記者、MEGA WEBでまたもや仰天。同乗試乗レポ、今度はVitz!」)、どちらもモータースポーツ系の車両だった。しかし、今回のi-ROADはまったく異なる。

トヨタは2003年からパーソナルモビリティを開発してきた

 トヨタは2003年に発表した「PM」に始まり、「i-unit(アイ・ユニット)」(05年3月)、「i-swing(アイ・スウィング)」(05年11月)、「i-REAL(アイ・リアル)」(07年)、「Winglet(ウィングレット)」(08年)と長らくパーソナルモビリティを開発してきてきた。i-ROADはその流れを受けて、13年にスイス・ジュネーブ・モーターショーで初披露となった最新モデルである。

NP160809-01-03.jpg

左上からPM、i-unit、左下に移ってi-swing、i-REAL。先代たちはi-ROADとはかなり雰囲気が異なる。

 Wingletのみは、ソニーが開発していたところを途中から引き継いだという経緯もあって、セグウェイに似た立ち乗り型という具合で異色となっているが、それ以外は着座型である。

NP160809-01-04.jpg

"モリゾー(トヨタの豊田章男社長の別名)"専用スペシャルカラーのWinglet。右が初心者向けのType Lで、左が中級者以上向けのType S。Wingletは、Type LならいつでもMEGA WEBで無料体験が可能で、お台場を走る屋外実証実験も定期的に実施中。

→ 次ページ:
i-ROADは実際に公道を走れるパーソナルモビリティ!

メルマガ登録はこちら