JAF Mate Neo ニュース・プラス

2016/07/22

巨大隕石の落下で多数の生物が絶滅。
2億1500万年前の大カタストロフの証拠を、
熊本大学などが発見

NP160722-01-01.jpg

2億1500万年前に落下してきた巨大隕石によってできたとされる、カナダの「マクガニアン・クレーター」。(c) NASA

 小惑星クラスの巨大隕石の落下といえば、地球規模のビッグ・カタストロフ。この瞬間に落ちてきたら人類は短期間で絶滅する可能性すらある、大災害である。

 確率は極めて低いものの可能性はゼロではなく、過去に起きた例で有名なのが、約6600万年前に現在のメキシコ・ユカタン半島の海辺のチュクシュルーブ村近辺に落下した、直径10~15kmと推定される巨大隕石。隕石というよりも、もはや小型の小惑星だ。

 この落下は地球環境に大打撃を及ぼし、恐竜を初め多くの生物を巻き込んだ「白亜紀末の大量絶滅」を引き起こしたという。そのとき、全生物の約70%が滅んだという。逆をいえば、この衝突がなければほ乳類が台頭することもなく、人類も誕生しなかっただろうとされる。

 その落下の証拠は、現在では地上からでは確認できないのだが、およそ180kmという、世界第3位の直径を持つ巨大クレーターが海底や地下深くに残っている。

NP160722-01-02.jpg

現代の科学技術で浮かび上がった、海底や地下に残る「チュクシュルーブ・クレーター」。(c) courtesy V.L. Sharpton, LPI

 この落下の瞬間の衝撃はマグニチュードでいうと11もあったという。通常の地震では考えにくい数値になってしまうのだが、宇宙から加えられた一撃は想像を絶するエネルギーを発生させたようだ。津波もその高さは数100mから数kmにまで達したといわれ、衛星軌道からでも見えたことは想像に難くない。

地球は巨大隕石の爆撃にさらされてきた!

 こうした生物の大量絶滅をもたらすような巨大隕石、小型の小惑星の落下は確率的には1億年に1回程度の頻度で起きるとされる。

 とても少ないように思われるが、地球の年齢が45~46億年とされることから、単純計算で45、6回は落下していることになる。実際、地球上にも風化や造山運動などの影響がありながらも現存している大小さまざまなクレーターがあり、チュクシュルーブ・クラスの小惑星の落下による巨大クレーターもいくつかある。

→ 次ページ:
日本の研究チームが解明した2億1500万年前の落下の衝撃!

メルマガ登録はこちら