ニュース・プラス 土砂斜面が崩壊する危険性を
リアルタイムで見える化!
NECの低価格新システム

2016年07月12日 掲載

NP160705-01-02.jpg

「土砂災害予兆検知システム」による解析結果のイメージ

 NECは6月29日、斜面を構成する土砂に含まれる水分量を調べるだけで、その斜面が崩壊する危険性の変化をリアルタイムに見える化する「土砂災害予兆検知システム」を製品化し、同日から販売を開始したことを発表した。

 近年、日本では記録的な降雨により、崖崩れなどの土砂災害が多発している。自治体では、土砂災害の危険性がある際に避難勧告・指示を発令するための判断材料として、都道府県と気象庁が共同で発表する「土砂災害警戒情報」を活用している。

 さらに自治体によっては、土砂斜面崩壊の前兆現象を把握するため、斜面に設置した監視カメラや傾斜計、土石流によって切断されると信号が発せられるワイヤーセンサーなどの情報を利用している。しかし、それらの方法だと、前兆現象をとらえてから実際の斜面崩壊までわずかな時間しかないこともある。

 そのため、コンピューターシミュレーションによる予測なども行われているが、詳細な地形や地質の情報、導入地域における過去に起きた災害状況の分析が必要なため、導入費用が高額という問題があった。

→ 次ページ:
NEC独自の新技術で危険性がより簡単にわかるように!