JAF Mate Neo ニュース・プラス

2016/06/24

トヨタのラリーカーが堪能できる!
幻の1台を含む9台がMEGA WEBに集結!!

180516-01.jpg

画像1。1957年の「トヨペット クラウン RSD」から最新の「ヤリス WRC テストカー」までラリーマシンが集結。

 トヨタが運営する、クルマの無料テーマパーク「MEGA WEB」。同施設では、トヨタ博物館と共催で、特別企画展「トヨタ WRC参戦の系譜~2017年新たな挑戦へ~」を6月24日から9月4日まで開催する(画像1)。展示会場は、ヒストリックカーや旧車のレストアと展示を目的とする「ヒストリーガレージ」の2階だ。

 トヨタは、1957年に日本で初めて海外の本格的なモータースポーツに挑んだメーカーであり、60年もの長い歴史がある。その記念すべき最初の大会が、1万7000kmを19日間で走り抜けるという、当時、世界で最も過酷といわれた豪州一周ラリー(モービルガス・ラリー)の第5回であった。トヨタとラリーのつきあいはかくも長いのだ。

 その後、73年から99年までは世界ラリー選手権(WRC)に参戦。通算で43勝を挙げ、90年代にはドライバーズ王座4回、マニファクチャラーズ王座3回を獲得している。そんなトヨタが長い期間を経て、2017年から再びWRCに参戦することを表明。今回のイベントは、そんなトヨタの長いラリーの歴史を振り返り、再挑戦を応援しようというものである。

 今回の展示車両は9台。初展示や、以前は常設展示されていたが久しぶりに帰ってきた車両がほとんど。モータースポーツのイベント以外では、首都圏で9台ものラリーカーが一定期間展示されることはそうそうないので、ラリーファン、モータースポーツファンにとっては貴重なイベントである。それでは、順を追って年代別に今回の展示車両を紹介していこう。

トヨタのモータースポーツ最初の1台! 「トヨペット クラウン RSD」

NP160624-01-02.jpg

画像2。1万7000kmを19日間で走破した「トヨペット クラウン RSD」のレプリカ車。

 まずは、第5回・豪州一周ラリーに挑んだ「トヨペット クラウン RSD」から(画像2)。トヨペット クラウン デラックスとも呼ばれる同車は、102台が参加した同ラリーにおいて、完走車52台中の47位でゴール。半数以上がリタイアする中、日本車の性能を世界に示すことになったのである。

 ドライバーは近藤幸次郎(こんどう・こうじろう)と神之村邦夫(かみのむら・くにお)。コ・ドライバーは、リンゼイ・ヘドリー。展示車両はさすがに実車ではなくてレプリカだが、走行可能で、エンジンもご覧の通り(画像3)。この1台のみ準常設的に展示されており、ヒストリーガレージ2階の奥にある。

NP160624-01-03.jpg

画像3。「トヨペット クラウン RSD」はエンジンルーム内も再現されており、実際に走行も可能。

→ 次ページ:
続いては幻の1台が登場!

メルマガ登録はこちら