ニュース・プラス 第三京浜と首都高をつなぐ「キタセン」を実走してみた!
~距離5.0キロ短縮。私がコストコ線と名づける理由。

2017年04月10日 掲載

01.jpg

約15年間にわたって建設事業が進められてきた「横浜北線」(通称キタセン:K1横羽線〜第三京浜)がついに2017年3月18日に開通した。第三京浜・港北ICから半径5キロ以内に住む筆者は、これまで羽田、品川方面に行くとなれば下記のようなルートを使ってきた。

第三京浜・港北IC→同・保土ヶ谷→首都高・三ッ沢→金港JCT
→首都高・横羽線

それが、キタセンの開通によって、保土ヶ谷に迂回する必要がなくなり、かなりショートカットされる。さらに2020年までに完成予定の横浜環状北西線によって、第三京浜の北を走る日本の大動脈・東名高速ともつながる予定だ。東名高速・横浜青葉ICから第三京浜・港北ICに接続し、首都高・生麦まで1本で行けるようになる。まさに夢のようなショートカットが実現するのだ。

02.png

03.jpg

こちらは、北西線が開通した際の東名高速・横浜青葉IC・JCT周辺の完成予想図。2020年には東名高速と横浜港近辺がつながり、現在の所要時間40‐60分が20分に短縮される。

→次ページ:いよいよ実走! 目的地は、メリット実感できるあの場所