JAF Mate Neo ニュース・プラス

2018/04/01

世界最大規模クラシックカーの祭典「テクノ・クラシカ」を知ってる?

00_TechnoClassica_00.jpg

高価なクラシックカーがひしめく会場の様子。テクノクラシカはエッセン市内の見本市会場で行われた。(c) Techno-Classica Essen 2018 / Fotograf: Rainer Schimm

 クラシックカーに特化したモーターショーとしては世界最大規模の「テクノ・クラシカ」が独エッセン市で、3月21日~25日まで開催された。約2700台の歴史的クラシックカーや関連商品が展示・取引され、18万人を超すファンが集った。

今年30周年を祝うクラシックカーの祭典

00_TechnoClassica_10.jpg

エッセン市長も会場に駆けつけたオープニングの様子。(c) Techno-Classica Essen 2018 / Fotograf: Rainer Schimm

 今年は、最も新しい車種としてはVW(フォルクスワーゲン)Polo、貴重な現存品である1946年型アルファ・ロメオ6C 2500など、コレクターアイテムとして垂涎の高級車も含めて、世界30か国から1250の出展者により展示された。
 テクノ・クラシカにはクルマの展示だけでなく、車両の即売業者、スペア・パーツや復元の業者、モデルカーや書籍などのショップも数多く参加する。また約200のオーナーズクラブや自動車メーカーのクラシックカー部門が恒例のごとく集まる、クラシックカーやビンテージカー愛好家の交流の場。いわばクラシックカー・ファンの祭典といえよう。
 さっそく今年の出展車や会場の様子を紹介したい。

ロジャー・ムーアの愛車ボルボ1800 S

00_TechnoClassica_01.jpg

(c) Techno-Classica Essen 2018 / Fotograf: Rainer Schimm

 この1967年製「ボルボ1800 S」は、007役で有名な俳優ロジャー・ムーアがかつて所有し、60年代にヒットした英国のテレビドラマ「The Saint(セイント 天国野郎)」にも登場した、クルマや映画ファンにとっての憧れの車である。
 ボルボ・カーズのプレスリリースによると、パールホワイトの1800 Sには、希少なオリジナル「トランケイテッド」スポーク・デザインのミニライト・ホイールHella製フォグランプ、ボルボ製ウッドステアリングを装備。車内は「The Saint」撮影時の状態のままでダッシュボードの温度計、スタジオ撮影の際に俳優に冷風を送るための独立したインテリアファンが取り付けられている。ロジャー・ムーアは、このクルマの最初の所有者で愛用していたそうだが、映画「007ゴールド・フィンガー」でミスター・ソロを演じた俳優マーティン・ベンソンに売却。その後も何人かの所有者の手を経て、2000年代初めにほぼオリジナルの状態にリストアされ、ボルボ・カーズの元に戻ってきたという経緯を持つ。

1989年の未来のクルマ IRVW Futura

00_TechnoClassica_02.jpg

(c) Volkswagen AG

 「未来のクルマが、ここに」というキャッチコピーとともに開発されたVWの「IRVW Futura(フトゥーラ)」は、ハイテク搭載のプロトタイプとして1989年のフランクフルト・モーターショーで発表され話題になった。ウィングドアが印象的なフトゥーラでは、車間距離自動制御、自動ブレーキ、自動パーキング、ナビなど現在において実現されている自動運転技術が既に29年前に提案されていた。

→ 次ページ:
ドイツのコンパニオンは?

メルマガ登録はこちら