JAF Mate Neo MINIATURE ”CAR” LIFE

2018/04/10

レシピ11:
「家族の夢入りダンボール」の作り方

「家族の夢入りダンボール」の作り方

春といえば新生活の季節でもあります。読者の皆さんの中にも転勤で新天地に向かった人もいらっしゃるのではないでしょうか。実は、私もその一人。とはいっても、これまで暮らしていた事務所兼自宅の近くに、移り住んだだけなんですけど......。だから今回は、自分のそんな境遇もあって、引越しをテーマに作品を作ってみました。

18M04mini_01.jpg

引越しの主役といえばダンボール。
大きいサイズを土台にし、その蓋部分にグレーのガムテープを一直線に貼り付けることで道路の舗装が完了。
道路の両脇には、情景模型の並木も植樹。
さらに建物に見立てた大小のダンボール箱を積み上げれば、閑静な住宅街に。
そこに訪れたのは緑色の幌で荷台を覆った軽トラックのミニカーだ。
力持ちのおじさんたちが、荷台から次々に家具やダンボールを運び出す。
その様子を新居の前で見守る、ある家族。

今回、「引越し」をイメージできるものはなんだろうと考え、ダンボールをメインの素材としてセレクトしました。本当は、私が引っ越す際に依頼した引越し業者さんのダンボールとミニカーを使いたかったのですが、「大人の事情」により今回は断念。でも、シンプルなダンボールとトラックだけでも、十分、引越しのイメージを表現できました。今回は、これまで紹介してきた作品の中でも難易度は低い方なので、ぜひチャレンジしてほしいですね。

→次ページ:「家族の夢入りダンボール」を表現した材料

メルマガ登録はこちら