JAF Mate Neo くるナンデス

2018/06/29

日本最古参のメーカーが生んだミゼット
【元自動車メーカーエンジニアが、
哲学が感じられる名車をご紹介】


001.jpg

「ダイハツ・ミゼット」1957〜72年 (スペックはDKA型。時期により変遷あり) 全長×全幅×全高:2540×1200×1500mm 軸距:1680mm トレッドR:1030mm 乗車定員:1名 最大積載量:300kg エンジン:2サイクル強制空冷単気筒65.0×75.0=249cc 出力:10HP 価格:184,000円 延生産台数:約317,000台(写真はMP5)

戦後の復興期を支えたミゼット

 戦後の復興期は、日本中でオート三輪が走り回り、まさに復興の立役者だった。長い材木や鋼材を満載し、狭い路地でも直角近くに曲がれるのだ。ところが、三輪トラックは荷物を積み過ぎると、坂道で前輪を持ち上げ尻もちをつき、立ち往生してしまう。(関連記事

 当時中学生だった私は、運悪く線路の踏切で尻もちをついてしまったオート三輪に出くわした。オート三輪の運転席はクルマの先端にある。そのため運転手は、宙に浮き手も足も出ない。私は、急いで荷台からはみ出した材木の先端を力一杯持ち上げ、なんとか踏切から脱出させることができた。運転手は大声で礼を言っていたようだが、エンジン音にかき消され、聞こえなかった。

 その頃の三輪トラックのブランドは、くろがね、みずほ、三菱、マツダ、ヂャイアント......と林立していた。特にダイハツはエンジンが丈夫で、急な坂道も登れるという定評があった。大型化していったオート三輪と、二輪の間を狙って、1957年に同社から誕生したのがミゼットである。技術部門の担当役員・藪健一氏が市場調査をした結果から生まれたというが、彼は時代の空気を読む力があったに相違ない。

 初期のDKA型はバーハンドルの1人乗りで、ドアもなく、全長×全幅×全高は2540×1200×1500mmしかなかった。エンジンは2サイクルの250㏄で出力はわずか10馬力である。そこに300㎏もの荷を積むことができた。

 62年には丸ハンドルの2人乗りとなり、エンジンは305㏄まで拡大され、積載量も50㎏アップ(MP5)。映画「稲村ジェーン」に登場したのがそんなMP型である。愛くるしいスタイルと相まってたちまち街の人気者になり、57〜72年の16年間に31万7000台も売れたのだ。

 どうだろうか、今、これを電動に改造したら、エコ時代にぴったりのEVコミューターになると思うのだが。

→ 次ページ:
ミゼットの何が人を惹きつけるのか

メルマガ登録はこちら