くるナンデス 【自動車カメラマンの、旅のしおり】ベトナムの旅。混沌とした交通の中に秩序を見つけたとき、安全を感じた理由とは。

2018年10月16日 掲載

 僕は仕事柄、国内外あちこちへ出かけます。今回は、東南アジア取材の帰りに立ち寄った、ベトナム最大の都市ホーチミンの交通事情から感じたことのお話です。

001s.jpg

車やバイクが往き交うベトナム最大の都市ホーチミン

僕が初めての国に行ったらまずやること

 東南アジアへは撮影のために毎年訪れています。ですが、ベトナムへは今回が初めてでした。それゆえ、ホテルに荷物を置いたら、まずはブラブラと街歩きに出かけました。ちなみに僕は、初めての国や街を訪れたときは、なるべくこの"儀式"を行います。目的もなくさまよう散歩こそが、旅の最大の楽しみなのです。と同時に、その場所に「体を馴染ませる」意味合いがあります。こうすることで、ケガや事故を未然に防ぐ効果があると、僕は思っています。ちょうど、車の慣らし運転やモータースポーツの完熟走行にちょっと近い感覚です。

ホーチミンの混沌とした交通状況とは

 写真の通り、ホーチミンはクルマやバイクで溢れていて、とても活気のある街です。一方、日本の都市と比べると信号がさほど多くありません。街中にカフェや飲食店が立ち並んでいるのに、これではちょっと不便かな? と思ったのも束の間、実はそうではないことにすぐ気付きました。

002s.jpg

タクシーの窓から見るホーチミンの風景。そのバイクの密集具合に驚きます

 この街では、信号のないところでも、歩行者は割と容易に道を横断することができます。そんな様子は頻繁に見かけますし、僕が現地の人みたいに実際渡ってみても危険を感じませんでした。こんなに車やバイクの往来が激しいのになぜ? どうして? と考えながら街の様子を観察すると、理由が分かりました。この街のドライバーもライダーも、もちろん歩行者もちゃんと周囲を確認しているのです。

→ 次ページ:
一見危ないベトナムの交通に安全を感じた。