JAF Mate Neo くるナンデス

2018/07/20

75歳以上の軽乗用車ドライバーによる死亡事故が10年で2倍以上に! その原因はいったい? 防ぐ手立ては?

kn180713-02-01.jpg

 75歳以上の高齢ドライバーが軽自動車を運転しているとき、第一当事者(事故当事者のうちで最も過失が大きい者)となった死亡事故の件数が増加中だ(事故死者は75歳以上の高齢ドライバー当人だけでなく、その同乗者、相手のクルマのドライバーや同乗者、歩行者などを含む)。2007年に対して2016年の時点で約2.3倍という集計結果が出ている。いったい何が原因なのだろうか?

 10年間で約2.3倍という数値を発表したのは、交通事故の集計や原因の究明などを行っている公益財団法人 交通事故総合分析センター(ITARDA)だ。ITARDAは、無料配布している交通事故分析レポートシリーズ「ITARDA INFORMATION No.126」で、「軽乗用車運転中の後期高齢者による死亡事故~幹線道路での車線はみ出しに注意!~」という特集を組み、その中で警鐘を鳴らしている。

 その約2.3倍という結果を示したのがグラフ1だ。折れ線グラフが75歳以上の死亡事故件数を表したものだ。普通乗用車が徐々に下がってきているのに対し、軽乗用車と軽貨物車は右肩上がりで増えている。中でも、軽乗用車は増え方が急激だ。

 その要因のひとつが、グラフ1(棒グラフ)にある通り、軽乗用車の保有台数の増加だ。

kn180713-02-02.png

グラフ1。2007(平成19)年から2016(平成28)年の10年間を対象とした、軽乗用車の保有台数の推移(棒グラフ)と、75歳以上の高齢ドライバーが第一当事者となった軽乗用車、普通乗用車、軽貨物車の3種類に分類した死亡事故件数の推移(折れ線グラフ)。ITARDA INFORMATIONより。

→ 次ページ:
高齢者の軽乗用車保有状況は?

メルマガ登録はこちら