JAF Mate Neo くるナンデス

2018/06/28

横内信弘の「だってジャーナリストなんだもん!」
臭いがしないガソリンスタンド!?
ガソリンベーパー問題の最前線を特集。(1/4)

020s.jpgなんちゃってエジソン」で、体当たりの実験や地道な調査をこなしてきたあのライター横内が帰ってきた! 

今度は、かっこいいジャーナリストを目指して、社会問題や世の中の気になる新たな動きに、取材で切り込んでいきます。


02s.jpg

横内信弘の「だってジャーナリストなんだもん!」第1回目のテーマはガソリンベーパー問題です。ガソリンスタンドへ行ったことのある方なら、だれもが感じたことのあるガソリン臭。実はあの臭いの元を断つために、国や地方自治体、さらに最先端技術を有する民間企業などが一丸となって、対策を進めているのです。

 ガソリンベーパーの何がそんなに問題なのか? そして、具体的な対策とは? ガソリンベーパー問題の最新情報を4部にわたって紹介。取材によりすべてをつまびらかにします! まずその1部では、ガソリンベーパー問題の基礎知識をおさらいします。

知らず知らずのうちに吸引してしまっているガソリンベーパー。あの臭いが好きな人もいるけどね。

 ガソリンスタンドへ行ったことがある人なら、誰もが体験したことがある独特の臭い。一部の自動車愛好家からすれば「あの臭いが好き」「当たり前の臭い」なのかもしれませんが、苦手な人も多いのではないでしょうか。臭いの元は、実は蒸気となって空気中を漂うガソリンそのものなのです。

 この空気中をただようガソリンの蒸気(Vapor)のことを「ガソリンベーパー」と言います。私たちが臭いを感じるということは、ガソリンベーパーを知らず知らずのうちに吸引してしまっていることを意味します。

 ガソリンが気化して大気に拡散してしまうのは仕方のないことなのでしょうか。吸引した場合人体に影響はないのでしょうか?

 このガソリンベーパー問題について、ライター横内が行政の対策や民間企業が研究・開発した最新技術について取材しました。

→ 次ページ:
どれくらいのガソリンが出て行くのか

メルマガ登録はこちら