JAF Mate Neo くるナンデス

2018/06/27

ホンダモータースポーツの礎、ベンリィCB92SS
【元自動車メーカーエンジニアが選んだ
哲学が感じられる名車たち】

001.jpg

「HONDA ベンリィCB92スーパースポーツ」日本製(1959-64年)全長×全幅×全高:1915×595×930mm 軸距:1260mm 車重:110 kg エンジン:空冷並列2気筒SOHC 44.0×41.0×2=124cc 圧縮比:9.5 潤滑:ウェットサンプ 最大出力:15PS/10500rpm 最大トルク:1.06kgm/9000rpm 最高速度:130km/h 変速機:4速リターン クラッチ:湿式多板 始動:セル&キック タンク容量:15L サスペンションF:ボトムリンク R:スウィングアーム 価格:155,000円 延生産台数15,500台

モータースポーツに多大な影響、CB92

 もしホンダがモータースポーツから撤退したら、世界のモータースポーツの火は、2輪も4輪も小さくなってしまう。それほどに、ホンダはモータースポーツに貢献してきた。この偉大なるホンダモータースポーツの歴史のひとつは、1950年代後半からの浅間高原自動車テストコースを舞台にしたレースから始まった。その後、マン島TT、そして世界GPへと挑戦していった。

 ホンダはアサマ参戦のわずか3か月前にCB92を発売した。その目的は、ヤマハYA-1を倒すことだった。YA-1は、富士登山レースで優勝。続いて第1回全日本クラブマンレースでは1位から4位までを独占した。ホンダはこれに対抗すべく、CB92を作ったのだ。考えてみると「H・Y戦争」は、このときから始まったと言える。

 CB92はとてつもない性能だった。まだ2サイクルエンジンが多い中、時計のように緻密に組まれた125㏄ SOHC2気筒は、1万500回転で15馬力を発揮。他車の2倍ほどの回転数と出力を発揮したのだ。さらに驚くことは、この時代にセルが付いていたことだ。大卒の初任給が1万5000円以下の時代に15万5000円もしたが、この先進的なメカニズムは世界からも驚嘆の眼で見られた。レース用のモデルもあり、生産台数は明らかではないが40~50台だった。それをレース対象者、いわゆるホンダスピードのメンバーと一般の出場者に販売した。当時、私はその中の1台をなんとか手に入れることができた。バイクにはレース用の排気系とスプロケットが付いてきた。

→ 次ページ:
その佇まいはまるで武士のようだった

メルマガ登録はこちら