JAF Mate Neo くるナンデス

2018/06/28

欠点も魅力のうちの痛快車。ホンダN360
【元自動車メーカーエンジニアが選んだ
哲学が感じられる名車たち】


001.jpg

「ホンダN360」1967〜1972年 全長×全幅×全高:2995×1295×1345mm 軸距:2000mm 車両重量:475kg 駆動方式:FWD エンジン:4サイクル強制空冷2気筒354cc 出力:31ps/8500rpm トルク:3.0kgm/5500rpm 変速機:4速MT&3速AT 最高速:115km/h サスペンションF:ストラット/R:半楕円板バネ 価格:310,000円

常識にとらわれずに作った軽、N360

 ホンダというと、モータースポーツに力点を置いたユニークなメーカーというイメージが強い。いや、その昔はさらにエキサイティングなメーカーだったのだ。2輪のレース界では他社のエンジンがまだ単気筒だった時代に、ショートストロークの4気筒マシンを開発し、世界の最高峰であるマン島TTレースを連覇したのは有名な話。市販車も同様に他社の2倍の回転数で高出力を発揮。そんなこともあってホンダの名は、短期間で世界に轟くこととなる。

 このN360は、そういった2輪の技術がベースになっている。エンジンはバイク用のCB450を360㏄に縮小し、62.5×57.8mmのショートストロークとした。当時、4サイクルは出力的に不利で、2サイクルの半分しか出ないと言われていたが、31ps/8500rpmを叩き出した。ちなみに他社は20psにも満たない2サイクルエンジンが主流だったのだ。トランスミッションも2輪と同方式のドグミッションを採用。ガツンガツンと入るが、荒削りなフィールはぬぐえなかった。

 ホンダが最初に作ったクルマは、T360というトラックだが、エンジンはなんと360ccDOHC直列4気筒にタコ足を付けた、レーシングエンジンのようなものだった。街中で甲高いレーシングサウンドを響かせ、遠くからもすぐにホンダだということがわかった。そのエンジンを改良して、かの高性能スポーツカーS500/600/800へと発展する。

→ 次ページ:
異例ずくめのN360

メルマガ登録はこちら