JAF Mate Neo くるナンデス

2018/06/25

新技術てんこ盛りの意欲作。マツダR360クーペ
【元自動車メーカーエンジニアが、
哲学が感じられる名車をご紹介】

01.jpg

「マツダR360クーペ」 1960〜1969年 全長×全幅×全高:2980×1290×1290mm 軸距:1760mm トレッドF/R:1244/1250mm 車両重量:380kg エンジン:4サイクル強制空冷76°V型2筒356cc 圧縮比:8.0 出力:16hp/5300rpm トルク:2.2kgm/4000rpm 最高速:83km/h 変速機:4速MT&2速AT サスペンションF/Rとも:トレーリングアーム独立懸架 トーションラバースプリング ブレーキ:F/Rともアルフィンドラム 価格:300,000円 延生産台数:65,737台

マツダR360クーペ発売当時の時代背景とは

「R360クーペ」が発売された1960年というのは、日本中が元気一杯で、誰もが夢を広げていた時だった。音楽もザ・ピーナッツの「悲しき16歳」やパラダイス・キングの「ビキニスタイルのお嬢さん」といった明るく元気な曲がヒットを飛ばし、ツイストが流行っていた。

 テレビも、街頭で黒山になって見ていたものが一家に一台となり、そしてカラーテレビの本放送が開始されたのが、この年である。まさにここから3Cの時代に突入。ちなみに3Cとは、カラーテレビにクーラーそしてカーである。

 東洋工業(今のマツダ)は、その変化を見通していたかのように、1960年に「R360クーペ」を発売したのだ。スバル360の発売から2年後のことである。

 新技術を満載したお洒落なクーペは、注目を集めての登場となった。エンジンは他車が2サイクルのなか、Vツインの4サイクルを採用。驚くことに、オイルパン、クラッチハウジング、トランスアクスルケースに、アルミより軽いマグネシウム合金を採用したのだ。もちろん高コストだが、少しでも良いクルマを作りたいという意思が強かったのだろう。東洋工業は鋳造技術に長けていたため、それ以外にも多くの部品を精密鋳造で作り、信頼性の高いエンジンとギアボックスを作っていた。

→ 次ページ:
当時の"みんなのクルマ"何がすごかったのか

メルマガ登録はこちら