JAF Mate Neo くるナンデス

2018/04/27

【自動車カメラマンの、旅のしおり】
「コンコルソ デレガンツァ 京都2018」
スーパーカーブームを牽引した、2台のランボルギーニ

002s.jpg

「ランボルギーニ ミウラ(写真上)」と「ランボルギーニ カウンタック」。この2台のイタリアンスーパーカーの名を聞いて、そのフォルムがすぐに頭に浮かぶ40~50代の男性はとても多いのではないでしょうか。

 1970年代後半に巻き起こったスーパーカーブーム。そのブームをフェラーリとともに牽引した2台のランボルギーニが、3月30日~4月2日にかけて京都・二条城で行われた「コンコルソ デレガンツァ 京都2018」に揃って展示されました。"コンコルソ デレガンツァ"とはイタリア語で「エレガントさを競うコンクール」を意味し、自動車のエンジニアリングやデザインに対し、そのクラフトマンシップを競い、より優れたものを讃える欧米の文化から生まれたものです。

001s.jpg デザインと技術力の粋を極めた自動車が集結する「コンコルソ デレガンツァ 京都2018」に展示された名だたるヴィンテージカーは、戦前から現代のモデルに到るまで幅広いラインナップで来場者を楽しませてくれました。中でも今回ご紹介する2台のランボルギーニは、ミウラが1971年モデル、カウンタックが1977年モデルと、このコンクールへのエントリー車両としては「とても」新しいものです。

→ 次ページ:
かっこよすぎるミウラ

メルマガ登録はこちら