JAF Mate Neo くるナンデス

2018/05/02

自転車天国を実現した都市は? ドイツ建築博物館による、モビリティ社会の未来を映す展示が話題に

00_fahrad_00.jpg

独ルール地方のエッセン市にある自転車専用道。美しい自然の中を101kmの自転車道が都市と都市を結んでいる。Radschnellweg Ruhr RS1, Niederfeldsee in Essen © Opterix, Johannes Kassenberg.

 独フランクフルト市にある「ドイツ建築博物館 Deutsches Architekturmuseum(DAM)」にて、"自転車にやさしい社会の実現"についての展示「FAHR RAD!(自転 車)」*が、9月2日まで開催中だ。自転車社会について考えることは、都市のあり方やモビリティのあり方を考えることにつながる。このような環境と社会を視野に入れた自転車についての展示は、ドイツでもほとんど行われたことがなく現地で話題になっている。

*展示のタイトルFAHRRAD(自転車)はもともと一つの単語だが、FAHR(走る)とRAD(タイヤ又は自転車)を離すことで、「自転車に乗れ!」という命令形になる言葉遊びである。

自転車の利点からモデル都市の紹介まで

 自転車に乗るとなぜいいのか? 展示では、まず自転車が人と都市にとって有意義な理由について紹介されている。

・自転車に乗ると健康になる。
・自転車は最もリーズナブルな交通手段である。
・都市が静かになる。
・都市での5km以内の移動において自転車は一番早い交通手段である。
・子供からお年寄りまで、運動のためや幼稚園の送り迎え、宅配便の配達など多様な目的に利用できる。
・自転車の使用は場所の節約になる。
・自転車は環境にやさしい、空気を汚さないモビリティである。

 こうして羅列されたものを読むと、改めて自転車は多くの利点と可能性を持ったモビリティ(交通手段)であることに気づかされる。しかし、交通社会においてその価値性が十分認められているだろうか。交通全体における自転車の位置付けについて、ドイツ建築博物館は統計によって明らかにしている。

00_fahrad_07.jpg

米ヒューストン市バッファロー・バイユー公園。64ヘクタールの敷地に1400の木が植えられ自転車道も整備されている。SWA Group: Buffalo Bayou Park, Houston/USA, 2015 © Photo by Jim Olive, courtesy of Buffalo Bayou Partnership; © Photo by Jim Olive, courtesy of Buffalo Bayou Partnership

ドイツの自動車利用率は55.8%、自転車は11.4%

・ドイツの国土の37%が道路である。
(道路には、自動車道、自転車道、歩道、端、運河が含まれる)
・約80%のドイツ人が(少なくとも1台の)自転車を所有している。
・ドイツ人の約11%が自転車で通勤、買い物などを行っている。
(自転車利用度の最も多いドイツの都市はミュンスター市では38%。国ではデンマークが18%、オランダは27%に上る)
・ドイツ人の交通利用の割合は、自動車55.8%、歩行21.1%、公共交通11.5%、自転車11.4%、その他(船、飛行機)0.2%

どういった都市に私たちは住みたいのか?

 もちろんクルマは重要な交通手段である。しかしこれからの社会においても今と同じように、他のモビリティよりも優先されるべきだろうか? このことは、どのような都市に私たちは住みたいのか? 都市はいったい誰のためのものなのか? ということと密接な関係を持つ。こういった問いかけに答える形で、展示では、テキスト、写真、建築模型、都市計画、設計図、統計を使って、想像力に富んだすばらしい未来への交通コンセプトを提唱している。  

 実際に、自転車にやさしい社会を実現したモデル都市として、展示ではコペンハーゲン(デンマーク)、ニューヨーク(アメリカ)、カールスルーエ(ドイツ)、オスロ(ノルウェー)、ポートランド(アメリカ)、バルセロナ(スペイン)、ルール地方(ドイツ)、フローニンゲン(オランダ)の8都市が挙げられているが、その中の一部を紹介したい。

→ 次ページ:
自転車にやさしい都市の実例

メルマガ登録はこちら