JAF Mate Neo くるナンデス

2018/04/10

80%のドイツの両親が不安と回答。小学生の登下校での交通安全への取り組みとは?

00_kind_03.jpg

子供と一緒に通学路を歩き「交通指導」をすることをADACは提案する。(c) Quelle: ADAC

 新学期がはじまり、新1年生が新しいランドセルやカバンを持って通学する姿を目にするようになった。当Park Blogでは、小学一年生の登下校時の交通安全について「歩行中の交通事故は7歳児が最多!もうすぐピカピカの新1年生たちを事故から守るには?」という記事を掲載した。
 今回は海外での小学生の安全な登下校への取り組みについて、ドイツの例を紹介したい。

80%の両親が小学生の登下校に不安を

 独ADAC(ドイツ自動車連盟)は今年3月、小学生の子供を持つ両親1009人に、通学について実施したアンケート結果を発表した。アンケートの内訳は、40%が地方など人口が少ない場所に住む両親で、60%は都市部など人口が集中する場所に住む両親である。
 
 それによると約80%の両親が、「子供が付き添いなしにひとりで通学することに不安に感じる」と回答した。そして不安の要素として以下の項目を挙げている。

・交通事故
・通学路の交通量や安全度合
・ドライバーによるスピードの出しすぎや不注意
・子供が交通状況を正しく判断できないこと

 他にも、子供が知らない人に声をかけられたり、誘拐されたり、性的暴行を受けること、同級生や上級生によるいじめなど社会的な問題による不安が挙げられているが、これらの項目は人口が多い都市部で顕著であった。

都市部は交通量の多さ、地方では道路環境の悪さが問題
 
 都市部においての学童の交通事故への不安の原因は、「交通量の多さ」が圧倒的に多い。それに対して、地方の小学生の登下校の問題は、歩道がない大通りを通わなければならなかったり、歩道や自転車道の状態が悪い、横断歩道や外灯がない、交通の見通しが悪いなど、「交通環境の未整備」が挙げられている。

両親による交通環境の改善への提案

00_kind_04.jpg

(c) Quelle: ADAC

 アンケートでは上記の問題点を踏まえた上で、両親が交通環境の改善点を提案している(上の図)。上から要望が多かった順に列記する(グラフの黄色は地方、黒は都市部を示し、複数の回答が可能)。

・横断歩道の設置(地方24%、都市部20%)
・街灯の設置(地方20%、都市部14%)
・交通の監視、思いやり運転の実施(地方11%、都市部12%)
・歩道の設置や整備(地方10%、都市部4%)
・学童による見守り/ 旗振り(地方10%、都市部11%)

 以上の項目は、小学生の交通安全のために両親が外に向かって働きかけていることだが、ADACは子供の安全な登下校のために両親と子供、つまり私たちができることについても提唱を行っている。

→ 次ページ:
「練習がマイスターを生む」とは?

メルマガ登録はこちら