JAF Mate Neo くるナンデス

2018/03/30

どう変わった!?
1973~2016年・40年強に及ぶ
暴走族構成員数とグループ数の推移

kn180328-02-01.jpg

 昭和の頃に比べると、近年は暴走族を見かけることが少なくなり、見かけても昔と比べるとだいぶ規模が小さくなってきているようである。構成員もグループも大きく数を減らしているようだが、実体はどうなのだろうか。

 そこで、法務省が毎年発表している「犯罪白書」や、警察庁が同じく毎年発表している「警察白書」から、暴走族の誕生や変遷といった歴史と、警察庁が統計として発表している暴走族の構成員数およびグループ数の推移を取り上げてみる。

 ここでいう暴走族とは、警察庁の定義に従った。共同危険行為などの禁止を扱う道路交通法第68条に違反する者、そのほか自動車などの運転に関して著しく道路における交通の危険を生じさせ、または著しく他人に迷惑を及ぼす行為を集団的に行い、または行う恐れがある者のことをいう。

暴走族の歴史と変遷

 「カミナリ族」という名前を懐かしく思う方もいることだろう。1981年の警察白書によると、暴走族は1950年代半ば頃に登場したそのカミナリ族まで歴史を遡れるとされる。それ以前もバイクで危険走行を行う若者たちが散発的に事故を起こしていたようだが、大きな社会問題とまでは至っていなかったようだ。

 それが、1950年代半ばになると、若者たちは愛車のスピードアップのため、マフラー(サイレンサー)を外すようになる。マフラーはエンジン内の燃焼で発生する爆音を吸収する仕組みだが、排気ガスの抵抗が増してしまうため、エンジンの出力を低下させてしまう。そこでマフラーを取り外してエンジンの出力を上げようというわけだが、当然ながら騒音を街中にまき散らすようになり、「カミナリ族」と呼ばれるようになった。

 その後、1960年代半ばになると、カミナリ族の中から、ただ走り回るのではなく、「サーキット遊び」と呼ばれる、決まった街頭での危険走行を夜通しで行うようなグループが登場してくる。クルマ(四輪)のカミナリ族も登場するようになり、さらに暴走行為を見物して楽しむ若者たちも増えていき、そして全国に広まっていったのである。

→ 次ページ:
カミナリ族から暴走族へ! その誕生に迫る

メルマガ登録はこちら