JAF Mate Neo くるナンデス

2018/03/17

最高速度110km/hの新東名高速道路を走ってみた! 100km/hと110km/hは何が違うか?

110km01.jpg

 2017年11月1日ら新東名高速道路の一部区間にて最高速度が110km/hに引き上げられた。スタートから1か月間の違反や事故の様子はどうだったのか? この区間が管轄の静岡県警から発表された内容は以下の通り(対象区間の交通量は前年比3-7%増)。
・速度超過が約200件(前年同月約450件)
・追越車線を走り続けるなどの通行帯違反が約280件(同260件)
・車間距離不保持や携帯電話の使用などその他の違反が約60件(同40件)

 ちなみに、この数字は最高速度が110km/hに引き上げられた新東名高速道路の「新静岡IC~森掛川IC」の区間、約50kmに限定された摘発件数となる。

 速度超過に関しては半分以下となったが、これはこの時期に警察車両によるパトロールが強化されたことが要因だとされている。

 それでは同じく、事故発生件数はどうだろうか? こちらは、人身事故2件、物損事故14件(前年同月は人身事故1件、12件)という結果だ。人身事故2件はいずれも軽微なものだったとのこと。

 以上から、110km/h規制の滑り出しはそれなりに順調に見えたが、3月10日、乗用車にトラックが追突する事故が発生、乗用車が炎上し1名が亡くなるという事故が起きてしまったのは非常に残念だ。

→ 次ページ:
実際に走ってみると?

メルマガ登録はこちら