JAF Mate Neo くるナンデス

2018/03/05

【自動車カメラマンの、旅のしおり】日本最大級の自動車博物館は圧巻の総展示台数 約500台!

 世界に誇る自動車メーカーを数多く抱える自動車大国日本。それゆえ国内に自動車を展示する博物館は数多く、自動車メーカーが自社の車の歴史を伝えるために設立したものから私設の博物館まで、その展示内容もさまざまです。そんな中にあって、総展示台数500台と圧巻の規模を誇る「日本自動車博物館」(石川県)をご紹介します。

b001使用.jpg

日本自動車博物館の建物外観

 「日本自動車博物館」は1978年に富山県に開設された私設の自動車博物館です。1995年に現在の石川県小松市に移転。23年前に建てられた赤レンガの外観も美しく、外には東日本大震災時にドイツから復興支援車両としてやってきたウニモグやゼトロスがさりげなく展示され、入館前から蔵車の充実ぶりを予感させられます。

b002使用.jpg 正面ゲートを通り入場すると、いきなり膨大な展示物に圧倒されます(上写真)。3階建てのフロア全てにぎっしりと詰め込まれた車の数々。展示はメーカーやカテゴリー別に整理されていますのでとても見やすいのですが、隣の展示車との間隔が狭すぎてドアも開けられなさそうな感じが、逆に圧巻です。かなり大きな建物ですが、それでもこの状態というのが500台の威力! です。

b004使用.jpg

国やメーカー別に展示されているので数は多いが実はとても見やすい展示です

→ 次ページ:
どんな車が見られるの?

メルマガ登録はこちら