JAF Mate Neo くるナンデス

2018/03/02

【菰田潔の、昔の常識は通用しない、合図の話】その2 ヘッドライト周りについて

前回は、ヘッドライトそのものについての解説だったが、今回はライト周りの機能について考えてみたい。

DRL(デイタイム・ランニング・ライト)

P90245317_lowRes_the-new-bmw-4-series使用.jpg

 日本でも2016年に保安基準が改正、認可されたことで標準装備する新型車も増えてきたが、欧州ではすでに広まっているのがDRLだ。このところ高級車を中心に、昼間からフロントライトをつけて走る車を多く見かけるようになった。ずいぶん前からタクシーやトラックなどに装着されていたような、紫や緑に光る無骨なアクセサリーランプのことではない。上の写真のような、スタイリッシュなLEDライトの、けっこう目立つアレだ。

 ライトスイッチをAUTOに合わせておけば、ヘッドライトの周囲にあるDRLが点灯して、昼間の明るいところでも前方のクルマや人に存在をアピールする。このときにはテールランプは点灯しない。あくまでもこれから走っていく進行方向に向かって光ることでアピールする。

 そして暗くなると自動的にヘッドライトが点灯する。これは従来のAUTOのスイッチと同じ機能である。トンネルに入るとか地下駐車場などでも自動点灯する。

20170426_037_Audi_Q2_001_s使用.jpg

 最新のDRLの機能としては、ライトスイッチをオフにしても、エンジンをかければDRLの明るさのライトが点くようになっている。つまりクルマの走行中はライトを消灯して走ろうと思っても走れないようになるのが新しいDRLである。そして2020年4月以降順次このDRLが日本車にも標準化されるようになる。

フォグライト

06使用.jpg

 フォグライトは光が拡散するので眩しい。目立つかもしれないが、対向車や先行車がいるところでは点けない方がいい。

 日本ではアクセサリーランプのような感覚でフォグライトを点灯するが、ドイツでは雨が降ってもいないのにフォグライトを点灯して走っているとパトロールカーに止められ、罰金を取られることになる。

21使用.jpg

 これはリヤフォグライトでも同様だ。日本車にはリヤフォグライトが装備されているクルマが少ないから、付いているクルマに乗ったときには間違わないようにしなくてはならない。計器盤の中にオレンジ色のフォグライトのマークが点灯していたら、後続車のドライバーはリアフォグによって眩しい状態になっている。これも雨天や霧が出ていない状況で点けてはいけない。逆に言えば、霧で見通しが悪いときには点灯してもらいたい。

→ 次ページ:
パッシングって有効?

メルマガ登録はこちら