JAF Mate Neo くるナンデス

2018/02/16

【グラフでわかる!】
2017年、最も売れたのは!?
意外?思った通り?輸入車の販売台数あれこれ。

kn180213-02-00.png

 一般社団法人日本自動車販売協会連合会(自販連)がレポートとして月ごとに発表しているクルマの販売台数。ここでは、2017年の年間累計販売台数の内、輸入車の確報をもとにどの海外メーカー(ブランド)が日本で最も人気があったのかをグラフ化して紹介する。クルマは、普通乗用車、貨物車、バスとすべての車種を扱っている。

 なお現在、多くのブランドが大手傘下に収まっているが、そのブランドが所属する国は、誕生した時に本拠があった国としている。たとえば、ランボルギーニは現在フォルクスワーゲン(VW)の傘下だが、VWのドイツではなくイタリアの所属というわけだ。

 ただし例外なのがミニ。本来「ミニ・クーパー」を開発したのはBMC(ブリティッシュ・モーター・コーポレーション)なのでイギリスだが、BMWが立ち上げたのはBMCではなく、ミニだけを専門として扱う新規ブランド。よって、BMWの本拠があるドイツ扱いとする。

→ 次ページ:
まずは輸入車のブランド別総合ベスト10!

メルマガ登録はこちら