JAF Mate Neo くるナンデス

2018/01/14

【菰田潔の、目から鱗のタイヤの話】3
誰もが気になる
タイヤの寿命・交換タイミング

pile-1868894_640.jpg

タイヤを新しいものに交換するタイミングはいつが良いのか。走行距離なのか、使用した年月なのか、どうなったら交換しなくてはいけないのか。今回は、誰もが気になるタイヤの寿命と交換時期について、自動車ジャーナリストの菰田潔氏が解説。

タイヤの溝

 タイヤは走行すると徐々にすり減っていく。路面とタイヤがこすれながら走っているからだが、こすれないとグリップというタイヤの機能が発揮できないため、減っていくこと自体はしかたがない。走行距離は、ハイグリップのスポーツタイヤの場合は1万kmに達する前に摩耗してしまうケースもあるが、通常なら数万kmはもつはずだ。

fullsizeoutput_1692使用.jpg

きれいに減っていてまだまだ使えそうだが、もう1・6mmのウエアインジケータ(スリップサイン)が出ているから車検も通らない。

 では溝がどこまで減ったら交換するのがよいのだろうか。多くのドライバーは車検が通らなくなる残溝1.6mmまでは安全に走れると思っているが、それは間違いだ。

 雨の日のハイドロプレーン現象は、タイヤが摩耗して溝が浅くなっていくほどに起こりやすくなる。だから走っている限り、昨日より今日、今日より明日の方が摩耗していくから、危険性は徐々に高くなるというわけだ。新品タイヤの溝深さは8mmから8.5mmくらいある(タイヤサイズにより異なる)が、五分山つまり残り4mmになったらもうそろそろ交換時期と考えておいた方がいい。

→ 次ページ:
実際、どれくらい減ったら危ない?

メルマガ登録はこちら