くるナンデス 【クルマ解体新書】
カットモデル de クイズ!
第2弾は超難問、わかるかな?

2018年01月05日 掲載

答えは、トヨタのFCV「MIRAI」!

 タンクが大きなヒントで、水素の高圧貯蔵タンクである。水素を燃料とするクルマといえば、燃料電池車ということで、ほぼ絞ることができ、トヨタ「MIRAI」は有力候補として浮かんだ方も多いのではないだろうか? 同車に同乗試乗した際の動画を掲載した記事はこちら

kn171221-01-20.jpg

トヨタ「MIRAI」。燃料電池車は「電池」とつくだけあって、バッテリー駆動のようなイメージだが、正確には燃料(MIRAIは水素)で発電して走る仕組みだ。前ページのプラットフォームはMEGA WEBにて撮影。実車は、「2017ジャパンEVラリー」の試乗会で撮影した。

「MIRAI」のカットモデルはほかにも!

 「MIRAI」のカットモデルは複数製作されており、外装を残しているタイプもある。なお、下の画像のボディーカラーが「ツートン ホワイトパールクリスタルシャイン」のカットモデルのほか、「MIRAI」のイメージカラーである青系の「ツートーン ピュアブルーメタリック」版もある(再塗装された可能性もあり)。

kn171221-01-29.jpg

「MIRAI」は12色のボディーカラーが用意されており、こちらのカットモデルは白系の「ツートン ホワイトパールクリスタルシャイン」。外装が残っているため、今回の出題には使用しなかった。スマートコミュニティJapan 2016にて撮影。

kn171221-01-31.jpg

「MIRAI」カットモデルを後方から。外装が残っていると、どのように各種機器が収められているのかがわかりやすい。

→ 次ページ:
最後は読者の皆さんに難問を出題!