JAF Mate Neo くるナンデス

2018/01/04

クルマが人を襲う!
B級ホラーの「クリスティーン」を、
今見直してみると面白すぎる!

00_chris_00.jpg

主人公のクリスティーン(1958年型プリムス・フューリー)。© 1983 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

 クルマの映画や名シーンにクルマが登場する映画は数々あれど、クルマが主人公のホラー映画というのは少ない。最も有名なのは1983年に公開された「クリスティーン」だろう。

B級ホラーの名手ジョン・カーペンター

 スプラッターホラー映画のカルト的な一作「ハロウィン(1978年)」を監督したジョン・カーペンターは、SFやホラーをローバジェットで撮影するB級映画の監督としても有名だ。その独特のセンスを愛する熱烈的なファンも多く、「ニューヨーク1997(1981年)」や「遊星からの物体X(1982年)」などB級の枠を超えたヒット作を生み出している。
 また、ジョン・カーペンターはミュージシャンでもあり、自作のほとんどの音楽を自ら作曲している。

00_chris_01.jpg

『クリスティーン』発売中。 Blu-ray 2,381円(税別)/ DVD 1,280円(税別)。 発売・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

 「クリスティーン」が制作された1982年当時、カーペンターは「ニューヨーク1997」や子どもの頃からの念願の作品「遊星からの物体X」のリメイクが世界的にヒットし、監督としてもっとも脂の乗った時期だった。しかし「クリスティーン」の興行は振るわず、2週間で打ち切りの映画館もあったという。

 理由の1つには、「クリスティーン」という呪われた車が人間を殺害していくという設定に少々無理があり、テーマは面白いが、怖さとしてもスプラッター的にもインパクトが少ない宙ぶらりんな作品になってしまった点とも指摘できよう。スティーブン・キング原作の精神的恐怖の領域を十分に映像化しきれなかった感がある。

 しかし30年後の今、改めて映画を観てみると現代社会とはまるで違う当時のアメリカの社会や文化がクルマに象徴された演出がなされておりカーペンターの並々ならぬ才能を感じる。

→ 次ページ:
ひとりの高校生が買ったのは普通のクルマではなかった

メルマガ登録はこちら