JAF Mate Neo くるナンデス

2017/11/22

【クルマ解体新書】
車内のワイヤーハーネス、
総延長はどれぐらい?

kn171116-01-01.jpg

東京モーターショー2017のヤザキ(矢崎総業)ブースにて撮影。ヤザキがワイヤーハーネスを担当したある車種の実際の配線をイメージして、それ再現した展示物。こうしたケーブルやワイヤー類は、ワイヤーハーネス、ケーブルハーネスなどと呼ばれる。

 現代のクルマは自動ブレーキなどの安全運転支援系の先進技術も搭載されるようになり、これまで以上に電子化が進んでいる。高級車ともなると、複数の種類のセンサーを多数搭載し、エンジンなど基幹部分を制御するECUだけでなく、センサー情報を処理する専用のCPUなども搭載し、クルマというよりは、クルマの形状と機能を持ったコンピューターといったイメージになりつつある。

 また車内を見渡しても、オーディオ類の装備は当然だし、今ではカーナビもほぼ標準装備。フロントにもリアにもワイパーはあるし、リアウィンドウにはデフォッガー(曇り止めの熱線)が配されている。さらに、電動式の調節機能を備えたシートもそう珍しくはないし、中には電動サンルーフがオプション設定されているようなクルマもある。とにかく直接見えるところも見えないところも、電子機器・電動機構などが増え続けているのである。

 当然、それらの機器には電源ケープルが必要だし、センサーはデータをCPUへ送信するワイヤーも必要で、複数のCPU間でデータのやり取りなども行われている。今ではさまざまな機器が接続されており、車内がネットワーク化されていることから「車内LAN」と呼ばれたり、ネットワークの種類を示す「CAN」などの専門用語もたくさんある。

 このようにワイヤーハーネスはクルマの利便性の追求によりハイテク化が進むと同時に延び続けており、すべてをつないだ総延長はもうkm単位となっている。

kn171116-01-02.jpg

フロント部分の運転席側をアップ。エンジンルーム内は、スパークプラグやECUなどがあるため、接続されるケーブル類は多い。ECUの右横にあるのは機能モジュール。「R/B」とは「リレーブロック」のことで、電気信号を受け取ってオン/オフなどを行うリレー回路が取り付けてあるブロック。

→ 次ページ:
ワイヤーハーネスの展示物の各部をアップで!

メルマガ登録はこちら