JAF Mate Neo くるナンデス

2017/10/23

【菰田潔のくるま・クルマ・車】
唐突ですが、ドイツの走り方教えます。
標識・レンタカー返却他編(全3回:3/3)

92640535_lay使用.jpg

@picture alliance / SvenSimon

ドイツを走るときのコツやポイントを紹介する大人気企画第3弾。第2回目はコチラ。初回から見たい人はここへ。

大事な道路標識について

 道路標識には警戒標識と案内標識があるが、日本のように4つ5つとまとめて掲示されることはないので見やすい。とはいっても、文字が書いてある標識はドイツ語だから慣れないと分からないかもしれない。文字が書いていない標識もあるが、日本ではお目にかからない標識もあるので、見落としたくないものについて、ここでご紹介しよう。

IMG_5493使用.jpg

 黄色に白い枠がある四角を斜めにした標識は、この道が優先道路という意味。横から出てくるクルマがあってもこちらに優先権がある。

IMG_5494使用.jpg

 反対が赤枠の逆三角形の標識。これは前方優先道路という意味。前に横切る道を走るクルマが優先だから、こちらが止まらなくてはならない。クルマが来ていないことがわかれば止まらずに進むことができる。

IMG_0550使用.jpg

 案内標識には地名が書かれている。いくつか並んで出てくる地名は、上が遠い場所で下が近い場所ということで統一されている。自分が行くところの地名だけでなく、事前に地図を確認しておき通過する地名も覚えておくと便利だ。ただし最近はカーナビが優秀なので、そんな心配も要らなくなってきている。

IMG_6100使用.jpg

 文字や絵に斜線がかかった標識は解除標識だ。写真の場合は、70km/h規制が解除になったということ。他に、追い越し禁止や街の終わり、アウトバーンの終わりなども解除標識で示される。

→ 次ページ:
ドイツでよくある交差点の通過方法

メルマガ登録はこちら