JAF Mate Neo くるナンデス

2017/10/05

【菰田潔のくるま・クルマ・車】
唐突ですが、ドイツの走り方教えます。
(全3回:1/3)

94922258_lay使用.jpg

ドイツ、ノルトライン・ヴェストファーレンの高速道路橋@picture alliance / ZB/euroluftbild.de

 ドイツは自動車の先進国である。その歴史も長いため、クルマを使うための様々なシステムが便利に作られている。その中には日本が見習うべき交通システムも多いと思っている。

 そんなわけで、ドイツを訪問する機会があったらぜひレンタカーを借りて走ってみることをお薦めする。ただしドイツで運転するためには、右側通行ということ以外にも日本の感覚では通用しない部分もある。ドイツを走るコツを、今回から3回に分けて解説しよう。

51843266_lay使用.jpg

ドイツ、フランツヨーゼフシュトラウス空港のレンタカーカウンター@picture alliance / Sven Simon

●レンタカーを借りる
 まず、空港に到着したら、レンタカーカウンターに向かおう。多くの場合「Rental Car」などの案内に従って行けば受付に着ける。ドイツではほとんどの空港でレンタカーが借りられるが、車種や日程のリクエストなどは、事前に日本で予約しておいた方がスムースに借りられる。

 レンタカーカウンターではもちろんドイツ語が基本になるが、英語も問題なく通じる。
 借りるときにカウンターで要求されるのは、
① 日本の運転免許証
② 日本で取得する国際運転免許証
③ パスポート
④ クレジットカード
 これらを忘れずに持っていこう。ネットで予約した際の予約票などをプリントアウトして持参すると、とても簡単に手続きができる。航空会社のマイルを貯めているなら、そのマイレージカードも持参するとマイルを登録できるので、こちらもお忘れなく。

 ドイツはジュネーブ条約に加盟していないので、本来日本の国際運転免許は通用しないが、日本の運転免許があればドイツでも運転できる。日本の免許を持っている"証明"として国際運転免許証が必要なのだ。

→ 次ページ:
車の種類は選べるの?保険は?

メルマガ登録はこちら