JAF Mate Neo フリフリ人生相談

2017/10/13

これって、原野商法ですよね?

前島と申します。
現在57歳。妻と娘と3人で東京在住です。
父は、20年近く前に他界しており、
80歳を過ぎた母は、
埼玉の実家で、ひとりで暮らしております。

先日、母のところに、
亡くなった父の名前で往復ハガキが届きました。
(株)日本○○開発というところから、
「下記の土地周辺所有者の方々より、
当社に土地の管理・測量工事および土地売却の依頼があり、
その関係上、お尋ね致したいことがありますので、
ご面倒でもご返信いただきたく......」云々。
そこに書いてある住所は北海道の大沼に近い山林で、
確かに、かつて、父が北海道の土地を購入したことは聞いておりました。

母が言うには、風呂敷に包まれた登記権利証書らしき書類も家にあるとのこと。
そのハガキと父が遺した登記権利証書一式を送ってもらいました。

それから数日後、奇しくも、朝日新聞社会面に、
〈昭和の「原野商法」被害者、再び標的 注意呼びかけ〉
というタイトルの記事が出ておりました。

「まさに、この往復ハガキのことではないか!」
と、気づいたのです。

Google Earthで、その住所を確認しました。
大沼から近いとはいえ、鬱蒼とした森であることは確認できました。
そんな土地、いまさらどうしようもないと思うのですが、
どうすればいいでしょうか。
このハガキに対応するのも、大変恐ろしい気もしております。
よろしくお願いします。

メルマガ登録はこちら