フリフリ人生相談 兄貴の奥さんと会うとドキドキして困ってしまいます。

2018年11月20日 掲載

天空

宣言せよ!

まず、はっきりさせておきたいのは、
この「27歳男」さんは、
お兄さんの奥さんが好きになりそうで困っている、と。
その気持ちが、オモテに出てしまいそうで困っている、と。

「ドンピシャの好みのタイプ」って書いてあるけど、
現実問題としては、好みのタイプと恋愛感情は、ちょっと違うってこともある。

さて、そこで......。
「27歳男」さんは、
お兄さんの奥さんが「ドンピシャ好みのタイプ」ってことを言いたいのか、
それとも、彼女のことを好きになってしまったのか、どっちなの?
そこのところは、とても重要なポイントだと思う。

「〇〇〇って、ドンピシャおれの好みのタイプだ!」
なんてことを、飲み屋で友人たちに話す感じってあるよね?
〇〇〇は、教育実習でやってきた先生とか、コンビニの新しい店員とか、
会社の後輩とか、いろいろあると思うけど、
とにかく、自分の近くに「ドンピシャ好みのタイプが現れた」って驚きと喜び。

「27歳男」さんは、いまのところ、この段階なわけでしょ。
しかも、兄貴の奥さんで、子どももいるわけだから、
「好みのタイプ」が「恋愛対象」になってしまっては、まずい。
そのことは、本人も自覚している、と。

となると、結論はかんたん。

「兄貴の奥さんがドンピシャ好みのタイプである」
「会うとドキドキしてしまうくらい、タイプだ」
というようなことを、
お兄さんと奥さんに、はっきりと宣言すればいい。
意識を共有することで、自分の気持ちも整理できる。

「好みのタイプだ」という感情を隠したり、心の奥に潜伏させてしまうと、
よくない方向に育ってしまうことがあるからね。

「好みのタイプ」だけど「恋愛対象ではない」という自覚が、とても重要。

とにかく、明るい気持ちで、お兄さんと奥さんに話すことだね。
兄さんの奥さんが好みのタイプだというのは、なんら、悪いことでも、
うしろめたいことでもないのだからね。

他の人のアドバイスも聞きたい

バンジョー

由佳理