JAF Mate Neo ココロとカラダのエクササイズ

2016/05/10

第2回
身体をゆるめて、気分爽快リフレッシュ!

こり固まった上半身の筋肉をゆるめて、みずみずしい酸素をたっぷり身体に取り入れよう!

正しい運転姿勢は、安全運転に役立つだけでなく、肩、首、腰などに負担をかけない姿勢でもあります。しかし、どれだけ正しい運転姿勢をとっていても、運転中は前かがみになるので、腕の付け根や胸まわり(大胸筋と呼ばれる付近)が縮んでしまい、血の巡りが悪くなります。また、同じ姿勢を続けることも血の巡りが悪くなる要因です。血の巡りが悪くなると身体に十分な酸素が行き渡らなくなり、肩、首などの"こり"につながったり、集中力の低下やイライラなどを誘発します。

第1回の深呼吸編でもお伝えしたように、ドライブ中は交感神経が活発に働いています。そもそも忙しい現代人は、交感神経が優位になっている場合が多く、常に身体が緊張状態となり、表面の筋肉が硬くなりがちです。みすみずしい新鮮な酸素を身体に気持ちよく取り込むためには、まずは、硬く緊張した表面の筋肉をゆるめてあげることがポイントです。

そこで今回は、緊張した身体をゆるめるエクササイズをご紹介します。まずは、疲れた身体に心地よい刺激となる運動を。次に、ほどよくゆるめるエクササイズで、内側の巡りを良くし、"こり"にもアプローチ。仕上げは、すっきりとした集中力を取り戻して気持ち良く運転に戻ることができるようなメニューです。全部やっても、いくつかだけでももちろんOK。ドライブ途中の小休止時に、ぜひ取り入れてみてください。

→次ページ:まずは、胸まわりの筋肉をほぐす方法