JAF Mate Neo ココロとカラダのエクササイズ

2016/07/10

第4回
急激な温度変化による、夏の不調を予防しよう!

内臓や体温、発汗などは自分の意思で動かしたり調整することができません。これらをコントロールする神経を「自律神経」と言います。エアコンが利いた車内と車外の温度差が大きくなると、この自律神経のバランスが崩れやすくなります。自律神経は"交感神経"と"副交感神経"で構成されていますが、身体の活動時やストレスがあるときに働く交感神経が活発になると、副交感神経の働きが低くなってしまいます。運転時もそうですが、夏場の温度差がある環境下では、交感神経が高くなり、リラックス時に働く副交感神経が低くなりがちに。
そこで今回は、低くなった副交感神経を活性化させるエクササイズを紹介します。自律神経のバランスを整えて、健やかで気持ちの良いドライブ時間を楽しんでください。

エクササイズ1
仙骨まわりをやさしく刺激して、副交感神経を活性化

左右の坐骨(太ももの付け根付近、お尻の下部にある骨)で車のシートに座ります。腰骨に手を当て、ていねいにやさしく骨盤を前へ(写真1)、後ろへ(写真2)、数回倒すように動かします。こうすると、骨盤の中心部にある仙骨という骨のまわりに位置する、副交感神経に刺激を加えることができるのです。うまく動かすことができない人は、おしりの中心部にある仙骨に手を当て、手の温かみを感じさせるだけでもOKです。

16M89exa_ph01.jpg

<写真1>

16M89exa_ph02.jpg

<写真2>

→次ページ:頭と首を動かそう