JAF Mate Neo ココロとカラダのエクササイズ

2017/10/11

第16回
寝付けないときは"吐く呼吸"を意識して

少し仮眠をとっておきたいときに限って、なかなか寝付けないことはありませんか?
たとえば、ドライブ途中の休憩時、少し仮眠をとってその後の運転に備えたい、といった場合もあるでしょう。
そこで今回は、眠りに入るきっかけとなるエクササイズをご紹介します。

エクササイズ1
縮んでいる胸回りの筋肉をほぐそう

眠りにつきたいときは、リラックス時に働く副交感神経を優位にすることがポイント。吐く呼吸が深くできるようになると、副交感神経は高まります。
それにはまず、吐く呼吸の邪魔になる、硬くなった胸回りや背中の筋肉を緩めることが有効です。
写真のように、腰に手を当て、目線は前にして上体を後ろに倒します。このときアゴを引くことが大切。腰を守り、胸を開きやすくします。このまま10秒ほどキープします。

17M11_exa_ph1.jpg

→次ページ:背中の筋肉をほぐそう

メルマガ登録はこちら