JAF Mate Neo ココロとカラダのエクササイズ

2017/05/12

第12回
車酔いに強くなるためのトレーニング

体は"動いていない"のに、目からは流れる車窓の風景によって"動いている"という情報が入ってくる。目から入ってくる情報と、体感で得られる情報とのギャップに脳が誤作動を起こし、自律神経のバランスが崩れて車酔いが起こります。車酔いすると、せっかくのドライブも台無しです。
そこで今回は、車に乗る前にやっておくと車酔いしにくくなる方法、そして、車酔いしにくくなるために、日常気軽にできる、三半規管を鍛えるトレーニングをご紹介します。


エクササイズ1
後頭下筋群(こうとうかきんぐん)をほぐそう

後頭下筋群とは、首と頭の境目にある筋肉群。ここが固くなると、頭を細かく動かすことができなくなるため、その分、目に負担がかかり、目の疲れや頭痛などが起こりやすくなります。そしてそれは車酔いにもつながる要素です。車に乗る前に、両手の親指を使ってほぐしておきましょう。

17M06exa_01.jpg

→次ページ:三半規管を鍛える日常トレーニング①