充実カーライフ 【JAF Mate 1月号連動企画】
カウンタックに512BB、EVスーパーカーも登場。
今月は新旧スーパーカー推しです!

ロータス、フェラーリ、ランボルギーニ。Park blog編集部が名車・旧車を撮りためて公開した記事をご紹介。みんな大好きなスーパーカー特集です。

2018年12月13日 掲載

dicM1-b.png

JAF Mate 1月号の58ページで紹介中!
Webでしか見られない「新旧スーパーカー記事」はこちらです!

 車に関する情報から最新ニュースまで、おもしろ情報が盛りだくさんの Parkblog。人気記事の中から、ピックアップした「新旧スーパーカー記事」をまとめてお楽しみください。

狼とは私のことです。ロータス「ヨーロッパ」

狼とは私のことです。ロータス・ヨーロッパ

 1970年代のスーパーカーブーム時代に大ヒットした漫画「サーキットの狼」で、主人公の愛車だったのがロータス「ヨーロッパ」。1966年12月に世界で初めてエンジンをミッドシップにマウントした量産スポーツカーとなった。全高が非常に低く、特徴的な後方デザインが印象的。

元祖スーパーカーとして、70年代に人気を博した『狼』!
ロータス「ヨーロッパ」を徹底紹介。

(2018/2/26公開)


「跳ね馬」は、今も昔もみんなの憧れ。「フェラーリ」大集合!

「跳ね馬」は今も昔もみんなの憧れ。フェラーリーを集めてみた

 国産の旧車や往年のスーパーカーなどのヒストリックカーを扱う展示会オートモビルカウンシル2018。ここに集結したフェラーリをまとめて紹介する。「テスタロッサ」から最も古株の「ディーノ246GT/L」1969(昭和44)年式、さらに現存する台数が少ない「512BBi」など、今見てもスタイリッシュなフェラーリの魅力をどうぞ。

「テスタロッサ」「512BB」「ディーノ」など、
フェラーリーを集めてみた!

(2018/8/20公開)


スーパーハイブリッドカー参上!

スーパーハイブリッドカー参上!

 マクラーレン・オートモーティブから最新型スーパーカー「McLaren Speedtail(マクラーレン スピードテール)」が登場した。1430kgの車重で、0-300km/h加速をなんと12.8秒で達するという。価格はおよそ2億5000万円、106台の限定生産となっている。

マクラーレン史上最速の市販車が登場。
最高速が時速403kmのスーパーカーの中身とは?

(2018/10/31公開)


やっぱりこれでしょ! ランボルギーニ「カウンタック」

やっぱりこれでしょ「ランボルギーニ・カウンタック」

 こちらもスーパーカーブームを牽引した1台。一目見たら忘れられないデザインは、今見ても斬新だ。そんな特別な一台だが、販売にいたるまでは長い道のりがあった。そんな誕生秘話や「カウンタック」の本当の呼び名(?)についての豆知識なども併せて楽しんでほしい。

空前絶後のスーパーカー「カウンタック」を、
今更ながら徹底解説!

(2017/8/29公開)


「爆速」にふさわしい、ゼロヒャクが2秒を切る日本製スーパーEV!

まさに「爆速」。ゼロヒャクが2秒を切る日本製スーパーEV!

 世界最速を目指して開発を進めている市販EVスーパーカー「OWL(アウル)」。国産の4WDのEVスーパーカーが、2月11日に栃木県の同社のテストコースにおいて時速0→100km(ゼロヒャク)の加速性能実験で2秒を切るタイムをマークした。加速時の瞬発力はどのように生み出しているのか? ゼロヒャク2秒を切るためのグリップ力はどうやって保っているのか? 気になることだらけの1台を詳解した。

ゼロヒャクが2秒を切り、価格が4億円を越える、
超越の日本製スーパーEV、アスパーク「OWL」が実走公開!

(2018/2/19公開)


豪華にゃんグルメが当たる お楽しみ動画クイズ、まだまだ開催中!

181210_DCI201901-02.png

 かわいいネコ動画を見るだけで答えがわかる「にゃんクイズ」。第三弾「北温泉看板ねこ ももちゃん編」は12月16日まで。続いて12月17日からは第四弾「幸運を呼ぶ看板ねこ ハチちゃん編」がスタートする。正解者の中から抽選で24名様に、大人気の「CIAOちゅ~る」を含む豪華にゃんグルメセットが当たる人気企画。終了した回のバックナンバーでも、各地で活躍中の愛くるしい看板猫の動画が楽しめるので、そちらもぜひ!

にゃんクイズ チャレンジ&応募はこちらから!