JAF Mate Neo JAF Mate読者が綴った8作品 大公開!

2017/03/10

日本一せっかちな大阪が生んだ究極のせっかち

 JAF Mate読者から寄稿を募り、このたび8作品を大公開。この企画では、記事を多く読んでもらうほど、投稿者様への謝礼もUPします! 集計期間は5/10正午まで。気に入った記事は、ぜひお友達にも紹介してファンを増やしてあげてくださいね。

 それでは、ペンネーム・鈴亭花々(レイテイカカ)さんの作品をどうぞ!


「大阪人は歩くのが速い」は間違い?

 世間の通説になっている「大阪人は歩くのが速い」ですが、ちょっと語弊があります。正確には「歩くのが速い」のではなく「歩き出しが早い」なのです。

 例えば、横断歩道でのこと。赤信号で待っていると、大阪人はたいがい青になる前に動き出します。歩き出しの違いはあれど、信号が青になる前にほぼ全員が動き出します。

signal.png

 しかし、フライングしてまで歩き出しているのに、歩く速度はそうでもないのです。そして、急いでもいないのです。



そう、大阪人は待てないのです。



秘儀?エレベーター「閉ボタン」乱れ打ち

 あの有名なエレベーター「閉ボタン」連打も、待てないゆえの行為のようです。大阪人は、多かれ少なかれボタンと見れば連打します。

名称未設定-2.jpg

 人によって連打しない種類のボタンはあるようですが、ほぼ全員連打するのがエレベーターの「閉ボタン」。



なぜそんな行為に及ぶのか。



 連打中の大阪人に聞いてみたのですが「連打せな閉まらへんやん」と本気で言ってました。

 「そんな訳ないじゃない」と思う他県出身の私。閉ボタンを押せば、押さない時よりも扉が閉まるまでの時間が短くなる。しかし、ボタンを押してから、やはり若干待たねばなりません。ここが大阪人には我慢できないようです。  



閉ボタンを押す→もう一度押す→押す→押す(閉まるまで繰り返す)→閉まる。



 こうしていると、あたかも自分が閉ボタンを押していることで扉が閉まったかのような気になります。そうです、待てない大阪人にとってボタンを連打することは、ちっとも待たずに事を成し遂げるための技なのです。  



それほど大阪人は待てないのです。



→ 次ページ:
大阪で地図を開くと何かが起こる!?